アシナガバチ駆除やシロアリから被害を防ぐ|退治プロジェクト

作業員

糞被害が多い鳩

住宅街

何に注意すればよいのか

伝書鳩・平和の象徴など、鳩に対する一般的なイメージは、良い方であるといえます。近年においては、数が増え続けている状態で、糞による被害なども、見過ごすことのできないレベルにまで上がってきているのです。そのような場合は、撃退が計画されますが、鳩に対する様々な知識が必要となります。誰しもが知っておかなければならない注意点として、鳥獣保護法の存在が挙げられます。これは、野生動物の生態系を守る法律で、許可無しに駆除などで撃退をしたり、ペットとして飼育することが禁じられています。このような理由からも、個人で駆除を行う場合は、様々な知識を熟知した上での実行が重要となるのです。一般的には、専門の駆除業者に依頼されていて、役所への申請など多くの手間が省けます。

鳩の習性を知って対処する

鳩害の内容は、そのほとんどが糞を起因とするものです。コンクリートの上に積み重なるため見た目にも悪く、ニオイや害虫の発生源となっています。近年においては、鳥インフルエンザ拡大の原因となる危険性も指摘されています。鳩には独特の習性があり、行動の道筋が決まっていて同じ場所を往復する、ということがわかっています。これは、同じ場所を足場にすることが多いため、糞の積み重なる場所がだいたい決まっているという訳です。足場にピック(針山)が設置されている場面を目にするのは、この習性を利用して施された、撃退用の対策のひとつです。このほか、鳩と噴水のイメージにあるように、水場の近くに集まる習性が見られます。ベランダや庭など、水のある場所に近づけない工夫をするだけでも、ひとつの撃退方法となります。