アシナガバチ駆除やシロアリから被害を防ぐ|退治プロジェクト

作業員

農作物にも被害が及ぶ

女性

昔から農村への被害が多い

アライグマの被害は、昔から農村への被害が多かったという事実があります。動物の中には人間生活の対する良い影響をもたらす益虫と、人間の生活に良くない影響をもたらす害獣が存在します。アライグマは、害獣に相当するものとして認識されていたためこの駆除が求められたのです。基本的に、アライグマは体長が60cm以上あるものが多く大きいものでは体重が10キロ以上にもなります。昔はそれほど大きな規制も存在していなかったため、ペットとしてアライグマが飼われてそれが捨てられていました。そして、それが自然の中に帰ってしまい繁殖した結果現在のような害獣として認識されるに至ったのです。アライグマは、糞尿などの被害によって農作物に大きな影響を出すため、早めに駆除しなくてはいけません。

侵入口を遮断する方法が主流となっている

基本的に、アライグマなどの害獣の駆除は侵入口の遮断が主流となっています。もちろん、アライグマを捕まえることは大切なのですが捕まえた後にまた侵入して家屋や農作物を荒らしたのでは意味がありません。そのため、捕まえた後にはきちんとその侵入口を特定してその場所を遮断することによって二度と入ってこれないようにするのです。また、実際に捕まえたり追い出したりするときには爆竹などを利用して大きな音を立てることが一般的です。アライグマに限らず、動物は基本的に大きな音がものすごく苦手です。侵入口を塞いだ後は大きな音を利用して捕獲器まで誘導することもありますが、失敗することはほとんどないため安心です。二度と現れないように駆除することがこうした手法の特徴なのです。